【ガソリンより安い?】電気自動車の充電料金と基礎知識

電気自動車(EV)はガソリン車よりもお得?

昨今、街中でも大分見かけることの多くなってきた電気自動車(通称EV)。
一昔前までは電気自動車というと車両本体価格で1,000万円を超えるなど、超高級車としてのイメージが強かったですが、最近ではお手頃価格(とはいっても、ガソリン車と比べるとまだまだ高い。。)で購入できる電気自動車が増えてきました。
 
今後、ガソリン車から電気自動車へ世界的に移行していく中で、今はちょうどその過渡期にあるいってもいいでしょう。
そんな中で、「そろそろ電気自動車を検討しようか」と考えている読者の方も多いかと思います。
 
そこでこの記事では、電気自動車の購入を検討している読者の方に向けて、電気自動車の”経済性”について解説していきます。
 

充電コストは大きくわけて2つ(2種類の充電方法)

そもそも従来のガソリン車であれば、給油方法は一般的にはガソリンスタンドでの給油でしたが、電気自動車の充電方法には大きく分けて2種類の充電方法があります。
 
電気自動車の充電にかかるコストをブレイクダウンすると、自宅での充電コスト+外での充電コストとなります。
 

・自宅充電

電気料金単価×充電時間
自宅充電は基本的には、普通充電といわれる充電方法が採用されます。(理由は後述します。)
 

・外での充電

使用する充電スタンドや充電プラン等により、まちまちです。
外での充電(自宅以外での充電)は、普通充電・急速充電のどちらも存在しています。
 

普通充電・急速充電とは?

普通充電

普通充電とは「普通充電設備」と呼ばれる設備を使用した充電方法です。
普通充電設備は一般の戸建て住宅や商業ビル等に設置されるもので、単相交流100Vもしくは200Vコンセントを使用することが一般的です。
 
普通充電は急速充電に比べ、充電時間が長くなりますが、その分設備導入費用が少なく済みます。
 
これが自宅での大多数の充電が、普通充電になっている理由です。
100Vで充電できる電気自動車であれば、コードをご自宅のコンセントに挿せば充電ができるため、特に工事は必要ありません。100Vは将来性の部分や充電能力が低いので、お勧めしません。
 
しかし200Vでしか充電できない車種であれば、ブレーカーやスイッチ用の防滴ケースやコンセントなどの設置が必要で、これらの工事におよそ10~20万円ほどかかります。
 
長時間停車することの多い自宅の駐車場や、宿泊施設などにおける日常的な充電設備としてはこちらの普通充電が適しているといわれています。
 

急速充電

急速充電とは「急速充電設備」を使用した充電方法です。
主に3相200Vを電源として使用しています。
 
その名の通り、充電時間は普通充電に比べて極端に短く、バッテリー残量がごくわずかな状態から30分で約80%程度まで充電することも可能です。
(車両のバッテリー容量・車両の状態等によります。)
 
設備導入コストは普通充電設備に比べて、圧倒的に高くなります。
自宅に急速充電設備の設置を希望するならば、設置には150万円以上の費用がかかります。
 

2つの充電方法の比較

さて、充電方法には大きく分けて二つの方法があることがわかっていただけたかと思います。
以下に簡単な比較イメージを載せておきます。
 

気になる充電料金は?

従来のガソリン車における燃料代(一か月)は、ガソリン代×一か月間の移動距離÷1リットル当たりの燃費で計算することで簡単に計算が可能です。
一方で、電気自動車の充電料金は、上述のような電気自動車の充電に関わる環境、ご契約のプラン等で、どうしても大きく変動してしまいます。
 
以下は、日産自動車がいくつかの前提を置いて算出した試算値によると、
すべての人が、というわけにはいきませんが、電気自動車はガソリン車に比べて燃料代(電気代)は安価である場合が多いとのことです。
 
下表も、日産の充電プランを基に計算されており、ガソリン車と比較すると差額は月で約800~2,000円、年間で約1万円~2.4万円の差となります。
(参照元:日産HPから)
 
私自身の経験、周りのガソリン車から乗り換えたEVオーナー様から聞く限り、年間2万円から10万円ほどガソリン車と比べると、コスト安になっている感じです。
 

最後に、、、

いかがでしたでしょうか?
結論、ガソリン車と比較すると、多くのケースという断りつきにはなりますが、燃料コスト(充電コスト)は安くなる可能性が高いとわかりました。
 
1つおすすめすることとしては、購入する際に、ディーラの方に充電プラン等についてご相談をし、簡単な充電コストのシミュレーションをしてもらうことです。
 
過去の話にはなりますが、テスラは、一時期テスラのスーパーチャージャー(テスラの急速充電設備)の充電費用をずっと無料にするというキャンペーンもやっていました。
自宅で充電等を行わず、テスラの急速充電のみを使えば、半永久的に燃料コストが0です。
 
当サイトでも、テスラやトヨタ等から、充電プラン等について上記のようなお得なキャンペーンがあれば、ブログでお知らせしていきたいと思います。

関連記事

  1. 【EV全約50車まとめ】電気自動車 ランキング(700万円以下)

  2. 中国EVメーカー”NIO”とは?クッキーを販売?モデルから販売台数、交換式電池まで全解説

  3. 電気自動車の軽自動車 価格はいくら?販売はいつ?

  4. 【海外の電気自動車メーカー編】第2のテスラ?リビアンとは?

  5. 電気自動車:EV補助金対象車はどれ?

  6. 電気自動車のEV補助金 愛知県にお住まいの方必見!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。